みやけエコネット

ノートみやけ探検隊

三宅島ゆかりの方々、アウトドア大好き派の皆さんの三宅島自然体験レポートをお届けします。

体験記 またもや三宅島マジック!
~♪鳥くん、バードウォッチングで三宅島ツアー

今年も♪鳥くんが三宅島にやってきました! 6月2日・3日の2日間、バードウォッチングツアー専門の旅行会社ワイバードが主催する三宅島ツアーの講師として、21名のお客様を引率しての来島です。皆さん、お目当ての鳥は見ることができたのでしょうか? ♪鳥くん流“みんなで鳥見スタイル”は、三宅島でミラクルを呼ぶことができたのか?! ・・本文を読む(2007.7.4更新)


体験記 三宅島は美しさの宝庫
~鈴木則子さんにきく

2000年噴火前の三宅島には、どんな自然があったのでしょうか。そのもっと昔には、どんな暮らしがあったのでしょうか。三宅島に生まれ育ち、いまも三宅島阿古地区にお住まいの鈴木則子さんが、四季折々の花や鳥、満天の星空とともに過ごした三宅島の思い出を語ってくださいました。 ・・本文を読む(2006.10.30更新)


体験記 地球の息吹を見せる島
~アルピニスト野口健の三宅島体験記

エベレストをはじめ世界7大陸の最高峰を制し、現在はヒマラヤと富士山の清掃活動に取り組むアルピニスト野口健さん。山だけでなく、実は海も大好きだという野口さんがこの夏、初めて三宅島を訪れました。火山の驚異、よみがえる自然のたくましさ、島を愛する人々の絆の深さ―。心に刻まれた三宅島の旅を、野口さんが熱く綴ります。 ・・本文を読む(2006.8.15更新)


体験記 みやけエコネットin三宅村立小学校2006

7月の6日、7日の2日間、三宅村立小学校6年生の19人が、みやけエコネットを使って授業を行いました。題して「三宅島のすばらしい自然を世界に向けて発信しよう」。 ・・続きを読む(2006.7.12更新)
・・詳しいレポートへの直接リンクはこちら(2006.7.22更新)


体験記 ♪鳥くんの三宅島レポ パート3
~大路池と伊豆岬、そして食べ歩き編

3度目の来島を果たした♪鳥くんこと永井真人さん。森の小鳥たちを撮影するぞー!とはりきっていましたが、無情の雨と鳥たちのすばしこさに苦戦……。そんなときでも楽しい発見があるのが三宅島。 ・・続きを読む(2006.6.23更新)


体験記 さかなクンが三宅島にやってきた

"魚親善大使"さかなクンが三宅島にやってきました。旅の目的は、三宅島での初ダイビング。黒潮があたる三宅島の海で、さかなクンはどんなお魚たちに出会ったのでしょうか? ・・続きを読む(2006.6.9更新)


体験記7 ♪鳥くんの三宅島レポ パート2

- 人生最大のピンチ編 -
今年3月に初めて三宅島を訪れて以来、すっかり三宅ファンになった♪鳥くんこと永井真人さん。2006年5月10日から始まった三宅島バードアイランドフェスティバルにもぜひ参加したい! カンムリウミスズメウォッチングは見逃せない! ということで、忙しいスケジュールを縫ってまた三宅島に来てくれました。到着早々は楽しく鳥見。しかし、このあと♪鳥くんに人生最大のピンチが待っていたのでした ・・続きを読む(2006.6.2更新)


体験記6 永井真人(♪鳥くん)の三宅島初上陸!

- バードウォッチング・マニアック編 -
バードウォッチングとロック。一見結びつかないような2足のワラジでただいま大活躍中の♪鳥くんこと永井真人さんが、初めて三宅島を訪れました。ときは3 月末。冬鳥は去り、夏鳥はまだ、という微妙なシーズン。一抹の不安を胸に島に下り立った♪鳥くんが見たものは、まさにバードアイランド三宅島の底力! 興奮、感動、めくるめく三宅島の鳥たちとの出会いを♪鳥くんが愛をこめてレポートします。♪鳥くん撮影による鳥の写真も満載! ・・続きを読む(2006.4.19更新)


体験記6 地球の波動、音楽、そして人をミックスさせたい

- 指揮者・山本郁夫さんインタビュー -
2006年夏、三宅島で歌と踊りの一大イベントが開催されることをご存じですか? 「三宅島<歌と踊りの祭典>2006」と銘打つこのイベントは、帰島1周年ならびに村政50周年という記念の年に、三宅島の長期的な復興を願って開催される音楽と踊りのフェスティバル。その仕掛け人は、指揮者の山本郁夫さん。阪神淡路大震災の被災者支援コンサートや、三宅島民合唱団「アカコッコ」の指導など、災害を体験した方々を音楽を通じて支援する活動を積極的に続けている“熱き”音楽家です。 ・・続きを読む(2006.4.7更新)


体験記5 三宅島で見た海の力、自然の力

- 水中写真家・中村征夫さんインタビュー -
ユニークな魚たちの表情、たくましく暮らす海の生きものたち―。自然の素晴らしさと厳しさを伝え続ける写真家・中村征夫さんは、三宅島にも何度も足を運ばれています。中村さんの目に、三宅島の海や自然はどのように映ったのでしょうか。水中写真を始められたきっかけや仕事に対する思い、環境への問題提起まで、たっぷりとお話をうかがいました。・・続きを読む(2006.3.14更新)


体験記4 「さえずりの小道」が完成しました!

- アカコッコ館本館の近くに、すてきな自然観察路が完成しました! -
2005年11月19日から22日にかけて、アカコッコ館では、「ボランティアワークキャンプ」という行事を開催しました。 この行事は、2000年噴火災害による住民の避難中に使えなくなった自然観察路をボランティアの方の協力を得て復旧する、という事業です・・続きを読む(2006.3.14更新)


体験記3 テーブルサンゴとアサリの授業

- 三宅高校自然観察授業を体験! -
9月中旬とはいえ、まだまだ暑い三宅島で、都立三宅高等学校の生徒さんたちがみやけエコネットを授業に活用するというので、さっそく取材してきました・・続きを読む(2005.11.9更新)


体験記2 篠木レンジャーは「カラスバト ラブ」

- 篠木レンジャー デビュー自然観察会に参加! -
2005年7月22日、晴れて運営を再開した三宅島自然ふれあいセンター アカコッコ館。翌23日、リニューアルオープン記念の自然観察会がアカコッコ館裏の大路池にて・・続きを読む(2005.8.18更新)


体験記1 ガクアジサイの葉はつるつる

- みやけエコネット編集部員・山下聡子のお初三宅島体験記 -
三宅島に行くことになりました。三宅島といえば、5年前の噴火とその後の一連の報道にはたびたび接していましたが、それ以前から、実は気になる島でした。・・続きを読む(2005.7.22更新)

Winds From Miyake
みやけエコネットのテーマソング、ダウンロード中!