みやけエコネット

ノート三宅島で見た海の力、自然の力

- 水中写真家・中村征夫さんインタビュー -

ユニークな魚たちの表情、たくましく暮らす海の生きものたち―。自然の素晴らしさと厳しさを伝え続ける写真家・中村征夫さんは、三宅島にも何度も足を運ばれています。観光解禁となった2005年5月には早速島を訪れ、甦りつつある海の姿を撮影、6月に東京で写真展も開催されました。中村さんの目に、三宅島の海や自然はどのように映ったのでしょうか。水中写真を始められたきっかけや仕事に対する思い、環境への問題提起まで、たっぷりとお話をうかがいました。

カラフルだった三宅島の海

体験記写真 ――中村さんが初めて三宅島に行かれたのはいつごろなんですか?

中村 新聞の取材だったので、31歳のときかな。今から約30年前ですね(笑)。新聞で三宅特集をやるというので、特派員に付きまして。それが最初の三宅ですね。

――行ってみてどんな印象でしたか。

中村 そうね、例えばガラパゴスもそうなんだけど、山々は緑がたくさんあるんだけれども結構溶岩が露出していて、緑と黒い岩で形成された、一見地味な島だなと思ったんですよね。ところが、その溶岩の合い間にいろんな生きものが潜んでいるのが分かる。ガラパゴスと同じで三宅島もそうなんだなと思いましたね。

――海にも入られたんですか?

中村 ええ、海も潜りました。伊豆七島に多いタカベの群れに囲まれたりしてね。まだまだ写真も未熟だったので、ろくな写真は撮れなかったけども(笑)。

大島や八丈島もそうだけど、伊豆の海というのは海底はやはり溶岩の影響を受けたりして、一見鮮やかさに欠けているように見えるけれども、しかしよく見ると岩肌にはいろんな生物が付着しているし、照明を当てて岩を取るだけでも、ものすごくカラフルな色が現れるんですよね。そういうのに驚いたりします。海草なんかもどこにもあるというわけではなくて、溶岩に埋め尽くされたところもあるし、藻場もあったりなかったりということもあるし。でも魚種は非常に多いと思ったんですよね。僕はとにかくタカベにびっくりしたのと、あと回遊魚も結構いましたね。カンパチだとか、釣り師が喜ぶクロダイとか、イシダイとか、そういうものもたくさんいたような気がします。

体験記写真

クマノミ: イソギンチャクの触手に抱かれていると、こんなにも穏やかな表情になれるのか。伊ヶ谷港(撮影:中村征夫)

次のページへ  1  | 2  | 3  | 4  | 5 |

みやけ探検隊トップに戻る